検索
  • 天野裕介

心に貯金をして帰る

最終更新: 2018年5月1日



こんにちは、ココロハズム株式会社の天野です。

ホームページをリニューアルしています。

こちらはほぼ管理栄養士の採用に特化したホームページになる予定です。


本業は歯科医院の採用コンサルタントということもあり、

先週は管理栄養士さん以外に歯科医師さん、歯科衛生士さん、歯科技工士さんの面接を担当していました。やはり年々、専門職の採用が難しくなっているように感じます。


さて、先日、にしだわたる先生より新著をいただきました。

「信頼が生まれる患者対応の技術」


https://www.amazon.co.jp/%E4%BF%A1%E9%A0%BC%E3%81%8C%E3%81%86%E3%81%BE%E3%82%8C%E3%82%8B%E6%82%A3%E8%80%85%E5%AF%BE%E5%BF%9C%E3%81%AE%E6%8A%80%E8%A1%93-%E5%88%A5%E5%86%8A%E6%AD%AF%E7%A7%91%E8%A1%9B%E7%94%9F%E5%A3%AB-%E8%A5%BF%E7%94%B0-%E4%BA%99/dp/4781205909


amazon等でも購入できるようです。


にしだ先生の本著によれば、医療面接は「情報収集」と「信頼関係の構築」が基本となっています。


信頼関係が生まれないと、自分のプライバシーに関することは、他人には話さないからである、と説明しています。


私はキャリアコンサルタントとしての仕事も行いますが、キャリアコンサルタントも近いものがあります。


「医療面接」も2005年のOSCE導入時に登場したとのことですので、まだ10数年しか歴史がないようです。


少しこの医療面接(Medical inrerview)を調べてみたところ、受容や共感といった言葉が登場するのですが、やはりロジャースのクライエント中心療法が根底にあるようですね。

患者さんとの距離、椅子の位置までと考えると、カウンセリングに近いのかもしれません。

尚、医療面接を「心に貯金をして帰る」、「満たし満たされる」という表現で説明されています。


自分自身、採用コンサルタントをしている際、ついつい「歯科衛生士の新卒採用倍率は20倍」というような危機感を煽る表現を使ったりするのですが、心に借金を抱えさせていましたね。会社名、ココロハズムなので反省します。


この本は、事例がたくさん掲載されているのも魅力です。


待合室もドア付近ではなく、患者さんの前にまで行き誘導する(ドア前でやるとせかしてしまう)。このテクニックすごい、と思いました。


#医療面接#キャリアコンサルタント#OSCE#管理栄養士#歯科衛生士#歯科助手#にしだわたる#いいね歓迎#歯科医療#ココロハズム

0回の閲覧
  • Facebook Black Round
  • Twitter Black Round
  • Instagram - Black Circle

© 2017 ココロハズム株式会社 All Rights Reserved